• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ほとけさまボールペン - 不動明王 -

ほとけさまボールペン - 不動明王 -
¥ 1,200
密教の教主である大日如来が、教令輪身(きょうりょうりんじん)[※]のために変化した姿といわれている不動明王さま。お不動さんと呼ばれており、馴染み深い方も多いかと思います。

元は、ヒンドゥー教のシヴァ神が仏教に入ってきて成立したもので、日本では、弘法大師空海(774〜835)が唐から持ち帰った密教とともに急速に広まります。


不動明王の主な特徴は、火炎光背を背負い、右手には知徳を表す宝剣を、左手には悩める衆生を残さず救うという意味で羂索(けんさく)を手にしています。岩座もしくは瑟瑟座(しつしつざ)上に結跏趺坐(けっかふざ)、半跏座、または立ち姿で見られます。


また、憤怒相で頭髪を左側へ耳から肩へ垂らし、一本にまとめて編んだお下げのような髪型・弁髪(べんぱつ)をしていること、体格は童子形、七莎髻、額の皺、左目を閉じ、上唇を噛んで下唇が翻り、口を固く閉ざしています。身体の色は青黒ですが、赤や黄色でも表現されます。迦楼羅炎を背負っています。

基本様式として、大師様(たいしよう)と、十九観(じゅうきゅうかん)の2種類があり、大師様では、大きく両目を見開き、上の歯を全てあわらにしてしっかりと下唇を噛んでいます。

ニシユキテンでは、そんな不動明王をイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。


ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。
岩座の形をした台座もついているので、使用しない時は、台座にほとけさまをおさめて、飾って楽しむことができます。

ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか?


[※]「教令輪身」とは
。
密教において、如来が教導すべき対象である衆生の性質に合わせて三種の姿をとるという考え方のことで、三輪身(さんりんしん)のひとつ。
本来の姿である「自性輪身」、正しい法を護るために菩薩の姿をとる「正法輪身(しょうぼうりんじん)」、普通の手段では導けない者に対し、強い怒りを持って救いの道を教えるため、憤怒相(ふんぬそう)でもって、圧倒的な威力によって教化・善道する時の姿を「教令輪身」といいます。



素材:石粉粘土

サイズ:
ボールペン:W 約 25× H 約135 × D 約20 mm
台座:W 約 57 × H 約 50 × D 約20 mm

その他
芯の太さ:0.7mm

ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。
ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。
台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。
ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
密教の教主である大日如来が、教令輪身(きょうりょうりんじん)[※]のために変化した姿といわれている不動明王さま。お不動さんと呼ばれており、馴染み深い方も多いかと思います。

元は、ヒンドゥー教のシヴァ神が仏教に入ってきて成立したもので、日本では、弘法大師空海(774〜835)が唐から持ち帰った密教とともに急速に広まります。


不動明王の主な特徴は、火炎光背を背負い、右手には知徳を表す宝剣を、左手には悩める衆生を残さず救うという意味で羂索(けんさく)を手にしています。岩座もしくは瑟瑟座(しつしつざ)上に結跏趺坐(けっかふざ)、半跏座、または立ち姿で見られます。


また、憤怒相で頭髪を左側へ耳から肩へ垂らし、一本にまとめて編んだお下げのような髪型・弁髪(べんぱつ)をしていること、体格は童子形、七莎髻、額の皺、左目を閉じ、上唇を噛んで下唇が翻り、口を固く閉ざしています。身体の色は青黒ですが、赤や黄色でも表現されます。迦楼羅炎を背負っています。

基本様式として、大師様(たいしよう)と、十九観(じゅうきゅうかん)の2種類があり、大師様では、大きく両目を見開き、上の歯を全てあわらにしてしっかりと下唇を噛んでいます。

ニシユキテンでは、そんな不動明王をイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。


ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。
岩座の形をした台座もついているので、使用しない時は、台座にほとけさまをおさめて、飾って楽しむことができます。

ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか?


[※]「教令輪身」とは
。
密教において、如来が教導すべき対象である衆生の性質に合わせて三種の姿をとるという考え方のことで、三輪身(さんりんしん)のひとつ。
本来の姿である「自性輪身」、正しい法を護るために菩薩の姿をとる「正法輪身(しょうぼうりんじん)」、普通の手段では導けない者に対し、強い怒りを持って救いの道を教えるため、憤怒相(ふんぬそう)でもって、圧倒的な威力によって教化・善道する時の姿を「教令輪身」といいます。



素材:石粉粘土

サイズ:
ボールペン:W 約 25× H 約135 × D 約20 mm
台座:W 約 57 × H 約 50 × D 約20 mm

その他
芯の太さ:0.7mm

ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。
ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。
台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。
ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 520円

ショップの評価

  • ほとけさまボールペン - 阿弥陀如来 -

    ほとけさまボールペン - 阿弥陀如来 -

  • ほとけさまボールペン - 不動明王 -

    ほとけさまボールペン - 不動明王 -

    お友達のプレゼントとして購入しました。 梱包もしっかりしてくださってありがたかったです。

    この度は、ニシユキテンの商品をお買い求めいただき、ありがとうございました。 ご友人様への贈り物として、お役に立てたようでとても嬉しいです。 今後も、ニシユキテンを宜しくお願いいたします。

  • 顔出し仏像ストラップ (不動明王)

    顔出し仏像ストラップ (不動明王)

  • 十二神将ポストカード - 未神

    十二神将ポストカード - 未神

  • 十二神将ポストカード - 寅神

    十二神将ポストカード - 寅神

密教の教主である大日如来が、教令輪身(きょうりょうりんじん)[※]のために変化した姿といわれている不動明王さま。お不動さんと呼ばれており、馴染み深い方も多いかと思います。

元は、ヒンドゥー教のシヴァ神が仏教に入ってきて成立したもので、日本では、弘法大師空海(774〜835)が唐から持ち帰った密教とともに急速に広まります。


不動明王の主な特徴は、火炎光背を背負い、右手には知徳を表す宝剣を、左手には悩める衆生を残さず救うという意味で羂索(けんさく)を手にしています。岩座もしくは瑟瑟座(しつしつざ)上に結跏趺坐(けっかふざ)、半跏座、または立ち姿で見られます。


また、憤怒相で頭髪を左側へ耳から肩へ垂らし、一本にまとめて編んだお下げのような髪型・弁髪(べんぱつ)をしていること、体格は童子形、七莎髻、額の皺、左目を閉じ、上唇を噛んで下唇が翻り、口を固く閉ざしています。身体の色は青黒ですが、赤や黄色でも表現されます。迦楼羅炎を背負っています。

基本様式として、大師様(たいしよう)と、十九観(じゅうきゅうかん)の2種類があり、大師様では、大きく両目を見開き、上の歯を全てあわらにしてしっかりと下唇を噛んでいます。

ニシユキテンでは、そんな不動明王をイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。


ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。
岩座の形をした台座もついているので、使用しない時は、台座にほとけさまをおさめて、飾って楽しむことができます。

ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか?


[※]「教令輪身」とは
。
密教において、如来が教導すべき対象である衆生の性質に合わせて三種の姿をとるという考え方のことで、三輪身(さんりんしん)のひとつ。
本来の姿である「自性輪身」、正しい法を護るために菩薩の姿をとる「正法輪身(しょうぼうりんじん)」、普通の手段では導けない者に対し、強い怒りを持って救いの道を教えるため、憤怒相(ふんぬそう)でもって、圧倒的な威力によって教化・善道する時の姿を「教令輪身」といいます。



素材:石粉粘土

サイズ:
ボールペン:W 約 25× H 約135 × D 約20 mm
台座:W 約 57 × H 約 50 × D 約20 mm

その他
芯の太さ:0.7mm

ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。
ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。
台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。
ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
通報する