• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ほとけさまボールペン

ほとけさまボールペン - 不動明王 -
ほとけさまボールペン - 不動明王 -
密教の教主である大日如来が、教令輪身(きょうりょうりんじん)[※]のために変化した姿といわれている不動明王さま。お不動さんと呼ばれており、馴染み深い方も多いかと思います。 元は、ヒンドゥー教のシヴァ神が仏教に入ってきて成立したもので、日本では、弘法大師空海(774〜835)が唐から持ち帰った密教とともに急速に広まります。
 不動明王の主な特徴は、火炎後背を背負い、右手には知徳を表す宝剣を、左手には悩める衆生を残さず救うという意味で羂索(けんさく)を手にしています。岩座もしくは瑟瑟座(しつしつざ)上に結跏趺坐(けっかふざ)、半跏座、または立ち姿で見られます。 
また、憤怒相で頭髪を左側へ耳から肩へ垂らし、一本にまとめて編んだお下げのような髪型・弁髪(べんぱつ)をしていること、体格は童子形、七莎髻、額の皺、左目を閉じ、上唇を噛んで下唇が翻り、口を固く閉ざしています。身体の色は青黒ですが、赤や黄色でも表現されます。迦楼羅炎を背負っています。 
基本様式として、大師様(たいしよう)と、十九観(じゅうきゅうかん)の2種類があり、大師様では、大きく両目を見開き、上の歯を全てあわらにしてしっかりと下唇を噛んでいます。 
 ニシユキテンでは、そんな不動明王をイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。 ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。 岩座の形をした台座もついているので、使用しない時は、台座にほとけさまをおさめて、飾って楽しむことができます。 ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか? [※]「教令輪身」とは
。 密教において、如来が教導すべき対象である衆生の性質に合わせて三種の姿をとるという考え方のことで、三輪身(さんりんしん)のひとつ。
本来の姿である「自性輪身」、正しい法を護るために菩薩の姿をとる「正法輪身(しょうぼうりんじん)」、普通の手段では導けない者に対し、強い怒りを持って救いの道を教えるため、憤怒相(ふんぬそう)でもって、圧倒的な威力によって教化・善道する時の姿を「教令輪身」といいます。 素材:石粉粘土 サイズ: ボールペン:W 約 25× H 約135 × D 約20 mm 台座:W 約 57 × H 約 50 × D 約20 mm その他 芯の太さ:0.7mm ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。 ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。 台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。 ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
¥ 1,200
ほとけさまボールペン - 薬師如来 -
ほとけさまボールペン - 薬師如来 -
東方浄瑠璃浄土の教主といわれる、薬師如来さま。 薬師瑠璃光如来、略して薬師如来、また、心身の病を癒す働きから大医王仏とも呼ばれています。 玄奘の『薬師瑠璃光如来本願功徳経』によると、菩薩として修行をしている時、十二の大願をたてて衆生の病をいやし、寿命を伸ばし、多くの災をのぞき、衣食を満足させることを誓願して成就し、如来となりました。 十二の大願のうち、第7願が医薬を得ることのできない人たちの救済で、その後、重視されて薬壺(やっこ)を持った姿での像が多く作られています。 薬師如来は、瑠璃の大地に建物や調度品の全てが七宝でできた浄瑠璃浄土をつくっています。 また、菩薩の修行をおこなっているとき、様々な悪魔たちが妨害してきました。その時、薬師を助け悪魔と戦ったのが、十二の善神、十二神将になります。 十二の誓いを達成した薬師には、脇侍に日光菩薩と月光菩薩、時間と方位を担当する十二神将が眷属(けんぞく)として加えられ、薬師如来の本願を助けています。 また、観音菩薩や勢至菩薩の二菩薩のものや、八菩薩を侍者とするものもあります。 ニシユキテンでは、薬師如来さまをイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。 印相とよばれる手の形は、右手は施無畏印(せむいいん)、左手は万病を治す薬が入った薬壺(やっこ)を手にしているお姿で描いております。 ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。 蓮の花の形をした台座もついているので、使用しない時は、蓮の台座にお釈迦様をおさめて、飾って楽しむことができます。 ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか? 素材:石粉粘土 サイズ: ボールペン:W 約 23× H 約135 × D 約20 mm 台座:W 約 43 × H 約45 × D 約20 mm その他 芯の太さ:0.7mm ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。 ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。 台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。 ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
¥ 1,200
ほとけさまボールペン - 阿弥陀如来 -
ほとけさまボールペン - 阿弥陀如来 -
西方極楽浄土の教主といわれる、阿弥陀如来さま。 「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えて功徳を積めば、阿弥陀様が迎えにきて、全ての者を臨終の際に必ず極楽浄土へ導いてくださると言われています。 中国では、無量寿如来ともいわれており、阿弥陀如来の信仰を主題とする経典『無量寿経』によると、はるか昔、世自在王(せじざいおう)という如来が現れ、ある国の国王が、説法をきいたとき、すぐに菩提心がおき、王位を捨てて出家をして法蔵菩薩となりました。法蔵菩薩は、衆生(しゅじょう)救済のために四十八の誓い(四十八願)をたて、長い間修行を重ねた末、ついに、今より十劫というはるか以前に本願を完成させて、悟りを開き“菩薩”から“阿弥陀仏”となったといわれています。 ニシユキテンでは、阿弥陀如来さまをイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。 印相とよばれる手の形は、来迎印(らいごういん)という、阿弥陀如来さまが極楽から迎えに来る時のお姿で描いております。 ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。 蓮の花の形をした台座もついているので、使用しない時は、蓮の台座にお釈迦様をおさめて、飾って楽しむことができます。 ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか? 素材:石粉粘土 サイズ: ボールペン:W 約 23× H 約140.5 × D 約20 mm 台座:W 約 43 × H 約45 × D 約20 mm その他 芯の太さ:0.7mm ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。 ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。 台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。 ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
¥ 1,200
ほとけさまボールペン - 誕生仏 -
ほとけさまボールペン - 誕生仏 -
お釈迦様の誕生日といわれる4月8日。 この日に執り行われる仏教行事に、灌仏会(かんぶつえ)があり、一般的に「花まつり」と呼ばれています。花まつりでは、お釈迦さまが生まれた直後のお姿を”誕生仏”として、甘茶をかけてお誕生日をお祝いします。 誕生時のお姿のひとつに、誕生直後に7歩歩き、右手で天をさし、左手で地をさし、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんがゆいがどくそん)」と雄弁に語ったという言い伝えがあります。 ニシユキテンでは、そんな誕生仏をイメージしたボールペン(黒字)を製作しました。 ひとつひとつ、形から色塗りまで全て手作業で制作しています。 蓮の花の形をした台座もついているので、使用しない時は、蓮の台座にお釈迦様をおさめて、飾って楽しむことができます。 ボックスに入れておりますので仏様好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか? 素材:石粉粘土 サイズ: ボールペン:W 約 45× H 約14.5 × D 約23 mm 台座:W 約 43 × H 約45 × D 約20 mm その他 芯の太さ:0.7mm ボールペンの芯は交換できません。インクが切れましたらインテリアグッズとしてお楽しみください。 ひとつひとつ手作業で作成しておりますので個体差がございます。ご了承ください。 台座にセットした際にボールペンが多少ぐらつく場合がございます。 ご注文いただいてからの制作になります。お渡しまでに5日営業日(土・日祝日は除く)いただきます。
¥ 1,200